日韓外相会談が28日にソウルで行われ、日韓両政府は慰安婦問題を「最終かつ不可逆的」に解決することで合意した。日韓の合意は電撃的とも言えるが、中国では当初、日韓が合意に達するのは難しいとの見方が多かった。

 日韓関係の発展に対して非常に大きな障害だった日韓の慰安婦問題に対し、日本は「当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題」と認めたうえで、元慰安婦を支援するための基金として約10億円を拠出、「すべての元慰安婦の名誉と尊厳の回復、心の傷の癒やしのための事業を行う」ことで韓国側と合意した。

 中国メディアの新浪は28日、日韓の合意に対して「日韓関係は重大かつ新しい局面を迎えることになる」と伝え、韓国メディアの報道を引用し、日韓両国の最大の難題だった慰安婦問題が解決されたなどと報じた。

 記事は、韓国が慰安婦問題の解決を「日韓関係の発展に対する前提条件」としていたと主張する一方、日本は韓国側の主張に対して不満を抱き続けてきたと紹介。こうした隔たりが日韓関係を硬直化させ、韓国国内や米国で慰安婦記念碑の設置を推進する動きにつながっていたと伝えた。

 続けて、日韓が慰安婦問題を解決することで合意するまでの道のりを紹介したうえで「果たして本当に解決に至るのだろうか」と疑問をなげかけ、韓国の元慰安婦支援団体からは今回の合意に対し、「元慰安婦を裏切る内容」などといった批判の声があがっていることを紹介した。さらに、今回の合意は「大部分の韓国人にとって不満の残る内容」との見方があることを伝え、「なぜならば慰安婦問題の最大の焦点は、日本政府が法的責任を認め、強制連行を認めるかどうかにあり、金銭の問題ではないから」と論じた。

 新浪は日韓の合意に対して驚きを示す一方で、どちらかと言えば韓国寄りの立場を示している。日本が「心からおわびと反省の気持ちを表明する」としたことを評価するよりも、「安倍首相が慰安婦に謝罪する」、「韓国はどうやって日本の謝罪を引き出したのか」などと論じていることからも見て取れる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)