中国では今月に入って華北地方を中心に最大規模の大気汚染が発生した。これに伴い、国内では大気汚染の予防や改善にかんする言論が再び活発化している。中国メディア・中国経済時報は25日、日本が法整備による厳しい規制、産業構造の転換に加え、市民の力を動員することで大気汚染を克服したとする評論記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む