中国メディア・環球時報は25日、韓国国内にはさまざまな形の「嫌日」グループが存在するものの、社会における影響力は限定的であるとする評論記事を掲載した。

 記事は、韓国問題を研究する中国人学者の意見として、日本に対して歴史の清算を要求する集団には、強制労働、慰安婦、原子爆弾の各被害者の遺族のほか、過激派や「報酬を受け取るプロ抗議者」が存在すると紹介。一方、彼らは歴史の正視を求めて声高に叫ぶ・・・・

続きを読む