米国で「日本の名古屋でF-35戦闘機の組み立てが始まった」と報じられたことを受け、中国メディアの環球網は17日、「中国のJ-20(殲-20)に対抗しようと妄想」と主張する記事を配信した。

 記事は、「日本はF-35を42機保有することになる。うち4機は米国で、残り38機は日本国内で組み立てられる」、「航空自衛隊の運用開始は2017年」などと紹介。

 記事は、イスラエル・・・・

続きを読む