冬を迎えた中国北京市で大気汚染が深刻化している。北京市環境保護局は7日、同市における大気汚染警報を同日午後6時半付でそれまでの「オレンジ」から最高度である「レッド」に切り替えると発表した。北京市で「レッド警報」が出たのは初めてだ。

 中国で冬に大気汚染が深刻化する理由の1つに「暖気(ノワンチー)」と呼ばれる集中暖房システムの存在がある。旧式の暖房システムは石炭ボイラーを用いたものであるた・・・・

続きを読む