「愛は勝つ」という言葉をよく耳にするが、これは中国と日本の関係にもあてはまるようだ。中国メディアの今日頭条は7日、中国人が「日本人は嫌いだ」、「日本製は買わない」と言いつつも、旅行で日本を訪れ、爆買いしている理由は何か、この点についての答えを論じている。

 記事は率直に中国と日本の間にある戦争体験及び二国間の政治が、日本人に対する「憎しみ」を中国人に生じさせていることを伝えている。憎しみを抱えつつも、中国人が日本へ旅行に行くのはなぜなのか。一言でいえば日本社会の「整潔(せいけつ)さ」が中国人の愛を勝ち得ていると記事は分析している。中国語の「整潔」は日本語の整理と清潔を合わせた意味を持つ言葉だ。

 記事は整潔の「整」は日本の優れた社会秩序、「潔」は日本人特有の気質である「キレイ好き」から来ているとしている。記事は日本を旅行で訪れた際、街が整然としており、ゴミ1つ落ちていないことに心が打たれた様子。「確かに中国に比べ道は狭いが、歩いていて窮屈な感じがしない。なぜなら街の整潔さが心地良さを与えてくれるからだ」と力説している。

 一方、中国の「整潔さ」はどうだろうか。ある地方都市の場合、「整」については人びとが好き勝手に路上駐車するので通行に不便さを感じることがあり、「潔」については「ゴミが落ちていない場所はない」という状況も見られる。日本から帰国した中国人旅行者が「日本の整潔に感動した」と口をそろえて言うのもうなずける。

 「日本の整潔さが中国人旅行客を引き寄せる」という主張は強引な分析かも知れない。日本の整潔さは中国人を日本旅行へと行動させる直接的な理由ではなく、旅行で訪れた結果、感動をもたらす要素と言えるかもしれない。しかしアップルの創設者がソニーの工場を見学したときにその「整潔さ」に感動したという話を考えるとき、実は日本社会の「整潔さ」は中国人の憎しみに勝る愛を勝ち得る「日本のさまざまな工業製品」とも深く関係していてると言えるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)