山東省メディアの大衆網によると、同省済南市の済南二環西高架路で4日早朝、スリップ事故が多発した。夜間に散水車が水を撒いたため、路面凍結が発生した可能性が高い。中国では秋以降、各地で深刻な大気汚染が派生しており、行政当局が緩和のためとして道路に水を撒く作業を続けさせている。

 中国では、村民委員会主任(事実上の村長)などごく狭い範囲の行政区画の責任者を除いて、選挙ではなく共産党上部の考えで・・・・

続きを読む