香港メディア・東網は6日、中国EC大手・アリババのジャック・マー(馬雲)会長が5日、パリで行われている気候変動枠組条約締約国による第21回会議(COP21)のイベントに出席、北京の大気汚染について「本当に宇宙人だったら自分の星に帰れるのに」と自身の異名を持ちだすユーモアを披露したことを報じた。

 記事は、馬会長がCOP21の「アクションデー」でスピーチを行ったさい、先日北京で発生した重度・・・・

続きを読む