広東省深セン市出身の「堅果兄弟」さんが北京市内を歩きながら工業用集塵機で大気中のPM2.5などの微粒子を集める作業を始めたのは7月24日だ。11月12日までに集めた微粒子でレンガ1つが出来た。堅果兄弟さんは11月29日まで同活動を続けた。中国メディアの財経網などが報じた。

 堅果兄弟さんは同活動を「粉塵計画」と名づけた。「私たちの都市は、自動車渋滞の街となり、化学工場に囲まれる街となり、・・・・

続きを読む