アイドルグループ・小虎隊での活躍を経て、人気俳優として成長した台湾のスター・蘇有朋(アレック・スー)。映画監督デビューも果たし、順調なキャリアを築いてきたと見られているが本人は不満を抱いている様子。「最も後悔していることは、小虎隊に加入したこと」と発言し、物議をかもした。

 中国の東南快報は、アレックがインタビュー中に芸能界入りのきっかけとなった、小虎隊加入を悔いる発言を残したと伝え、「・・・・

続きを読む