台湾のアカデミー賞こと金馬奨の第52回授賞式が11月21日に行われ、アジアのスターが集合。各国の言葉が飛び交う式典だったと、現地メディアが報道した。中国時報は、郭富城(アーロン・クォック)と林嘉欣(カリーナ・ラム)が「広東語なまりの国語(北京語)であった」と伝えた。

 また、日本の男優・妻夫木聡も「かわいい中国語」を話し、注目を集めたそうだ。中国時報によると、授賞式プレゼンテーターを「台・・・・

続きを読む