山あいを流れる川。人々は夜明け前から集まってくる。スコップで川床を掘る。四川省瀘州市合江県を流れる川の石に「玉(ぎょく)がまざっている」との噂が出たのは12日ごろだ。たちまち多くの人が未明から、河原で「玉さがし」をするようになった。華西都市報が18日付で報じた。

 人々が「玉」ではないかと思っているのは、黄色がかった半透明の石だ。「玉」とは「翡翠(ひすい)」のことで、中国では古くから人気・・・・

続きを読む