安倍首相や菅官房長官、岸田外相らが国内外で、南沙諸島(スプラトリー諸島)の問題についての言及を続けていることに対し、中国はいらだちを強めている。中国政府・外交部の記者会見でも、日本非難を繰り返している。

 中国は17日、南沙諸島の赤瓜礁(ジョンソン南礁)の埋め立て作業が6月30日に完了したことを明らかにした。外交部・劉振民報道官は、軍事施設増強のためではなく、“島”における生活条件を改善・・・・

続きを読む