東南アジアにおける高速鉄道計画の受注をめぐって中国と日本が競うなか、英国においても受注競争が展開される見通しだ。

 中国の習近平国家主席は10月20日から4日間にわたって英国を公式訪問し、原発や高速鉄道分野で連携を深めることで合意した。

 英国の高速鉄道計画には日本のほか、フランスやドイツの企業も入札を行う見通しであることに対し、中国メディアの高鉄網は6日、「日仏独は・・・・

続きを読む