中国メディアの新華網は9日、中国人観光客による日本での「爆買い」が増えるにつれて日本で免税品を扱う商業施設が増えてきたことを紹介。空港や大型商業施設以外に、コンビニまでもが免税品を扱っていると紹介した。

 国土交通省・観光庁が発表した「消費税免税店(輸出物品販売場)の都道府県別分布」によると、日本で免税品を取り扱う店舗数は2014年10月には9361店舗であったが、わずか半年後の2015・・・・

続きを読む