安徽省淮南市鳳台県の農村部で10月下旬、川に生活ごみ数千トンが不法投棄された。強烈な悪臭が立ち込め、周辺住民が吐き気で苦しむなどした。容疑者2人が身柄を拘束されたという。

 事件が発生したのは、中国でも大河のひとつである淮河の河川敷。10月25日に地元住民から「夜にごみが捨てられている」との通報があり、当局が調査し、ごみの撤去を進めた。同月30日までには2800トンあまりを撤去し、同県内・・・・

続きを読む