北京市のメディア「新京報」によると、北京市内で「売血」が盛んにおこなわれている。「血頭(シュエトウ)」と呼ばれるブローカーが売血希望者を募り、医療機関に血液を斡旋しているという。

 中国では1998年10月1日に献血法が施行された。同法の目的は、臨床用血液の需要と安全、献血者と輸血者の安全を保障し、人道主義を高揚することなどだ。「国家は無償献血制度を実行する」としており、無償献血について・・・・

続きを読む