中国では9月、10月は秋の繁忙期にあたり、小売業界だけでなく、自動車や不動産なども取引が活発化する時期にあたる。中国で「金九銀十」と形容される同時期だが、今年は例年とは大きな変化が起きており、“白物家電”などの売り上げが昨年に比べて大きく落ち込んでいるようだ。

 中国メディアの中国家電網はこのほど、市場調査会社のデータを引用し、中国の国慶節(建国記念日)の連休中の中国国内における白物家電・・・・

続きを読む