中国メディアの騰訊新聞は15日、中国で大型連休を迎えるたびに多くの中国人旅行客が日本を訪れ、買い物を楽しんでいることについて、中国には今なお反日感情が根強く存在することを指摘する一方、「こうした世論の圧力も物ともせず、多くの中国人が日本を訪れ、買い物をするのはなぜなのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、2014年に日本を訪れた中国人外客数は241万人に達し、15年1月に日本・・・・

続きを読む