中国で連休がやってくるたびに大きく報道されるのが「観光客のマナー問題」だ。1日から7日までの国慶節(建国記念日)連休でも、国内外からの話題に事欠かなかった。消火作業中に殉職した消防士を記念する像によじ登って写真を撮る若者、子どもを明朝時代に作られた動物の彫像にまたがらせる親、楊貴妃の「氷の彫像」の胸部が、さわりやすい右側だけ早く溶けてしまったなど、バラエティも豊富だ。

 中国人にとって、・・・・

続きを読む