香港メディアの鳳凰網は26日、中国経済の発展を背景に「世界中の女性の中国人男性に対する人気が高まっている」と伝え、それは日本や韓国などでも同様であると主張する記事を掲載した。

 記事はまず、中国人男性がロシアやウクライナ、シンガポールなどの女性に「モテている」と主張し、特にシンガポールではシンガポール人女性と中国人男性の結婚が増えているなどと紹介。さらに、シンガポール人女性は中国人男性の「向上心の高さ」に惹かれていると報じた。

 続けて、中国人男性がモテているのは日本でも同様だとし、「日本人の若い女性はかつてのような大和撫子のイメージとはかけ離れつつあるが、それでも中国人男性にとって憧れの存在であることは間違いない」と主張。中国経済の発展に伴い、中国人男性の経済力が向上したことで日本で徐々にモテるようになってきたと報じた。

 さらに、厚生労働省のデータを引用し、日本人男性と結婚する中国人女性が近年減少傾向にある一方で、中国人男性と結婚する日本人女性はまだ少数ながらも増加傾向にあると指摘。こうした傾向の理由として、有識者の話として中国人はもはや「低所得国の人」と見なされておらず、経済的地位の向上が背景にあると論じた。

 そのほか記事は、韓国人女性の国際結婚の相手は中国人が多いと伝え、中韓の文化が似ていること、中国には女性を尊重する文化があるためではないかと主張。さらに、韓国では中国語を学ぶ人が増えていることも中国人男性と韓国人女性の国際結婚につながっているのではないかと考察した。(編集担当:村山健二)(写真はイメージ。「CNSPHOTO」提供)