安全保障関連法案(安保法案)が19日に参院で可決され、成立したことについて、中国メディアの科技日報は29日、専門家の話として「偶発的な事態が武力衝突に発展する危険性がある」と報じた。

 記事は、安保法案の成立によって自衛隊は今後、これまでになかった新たな任務に就くことがあるのだろうかと疑問を投げかけつつ、中国の軍事専門家である尹卓氏の見解として「自衛隊の海外における活動範囲は今後、拡大す・・・・

続きを読む