中国メディアの羊城晩報は23日、紙幣はその国にとっての「名刺」のような存在であると伝え、日本の紙幣に印刷されている人物から「日本の大きな野心が見て取れる」などと主張する記事を掲載した。

 記事は、1000円札に印刷されている野口英世について、幼少のころに左手に大火傷による障害を負いながらも努力の末に医学で大成した人物であると紹介したうえで、日本が紙幣に印刷する人物として野口英世を選んだのは日本らしい選択であると指摘した。

 続けて、5000円札に印刷されているのは樋口一葉であると伝え、「日本での小説家としての評価は夏目漱石を上回るというのか?」と疑問を投げかける一方、「紙幣に印刷する人物を決めることは非常に難しいこと」と指摘。

 さらに、樋口一葉の人生や作品などについて紹介したうえで、夏目漱石に比べ、樋口一葉は女性という強みがあったと主張し、「紙幣に印刷する女性としては樋口一葉が最有力だったのではないか」と論じた。

 また、1万円札に印刷されているのは「明治時代の思想家であり、教育家の福沢諭吉である」と伝え、教育大国として知られる日本の最高額紙幣に福沢諭吉が印刷されているのは「福沢諭吉の功績をたたえるものだ」と主張。一方で、脱亜論については福沢諭吉による主張であるとしたうえで、「悪名高いものだ」と論じた。

 記事は、野口英世、樋口一葉、福沢諭吉の3人はいずれも明治時代に生きた日本人であり、「大国としてのぼっ興」の夢があった時代を背景として持つ人物たちだと主張。さらに日本は国土は小さいが大きな野心を持つ国であるとし、明治時代に生きた日本人を紙幣に採用したことから日本の野心が見て取れるなどと主張し、さらに「福沢諭吉が軍国主義を吹聴した人物であることを考えると、紙幣に印刷されたその姿は輝きを失ってしまう」などと主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)