安全保障関連法が19日未明に成立し、集団的自衛権の行使が可能となったことに対し、中国メディアの新華社は19日、日本の軍事力は潜在的な拡張力を持つと主張する記事を掲載した。

 記事は、2014年の防衛白書を引用し、自衛隊の兵力はわずか25万人で「ごく普通の軍事力」に過ぎないと論じる一方、専門家の話として「現有の軍事力のほかに、日本には工業生産や装備の質、動員能力などにおいて潜在的な拡張力を・・・・

続きを読む