「双頭の鷲」と言えばヨーロッパの由緒正しき紋章というイメージがあるが、これが「双頭のブタ」となればその趣はまったく異なってくる。中国国内ではこのほど「双頭のブタ」や「四脚のニワトリ」といった動物が相次いで見つかり、複数の中国国内メディアが報じている。

 鳳凰網は8月31日、天津市西青区辛口鎮にある村で同28日に2つの顔、3つの耳を持つ子ブタが見つかったと報道。現地にあるお寺の近くで見つか・・・・

続きを読む