河北省保定市高陽県内で8月下旬、周辺住人が農業会社が所有する梨畑に押し入り、思い思いに梨をもいで持ち去ったことが分かった。畑を囲む壁は押し倒された。職員が制止しようとしたが、押しのけられた。北京青年報が報じた。

 農業会社は現地で養鶏場の建設を目指して2014年、現地で200ヘクタールあまりの土地を取得したが、周辺住民の反対で計画は進められていない。取得した土地は梨畑で、会社は畑の管理を・・・・

続きを読む