中国メディアの広州日報は8月29日、日本では長期間にわたって放置されている空き家が増えていると伝え、日本の統計を引用したうえで「日本国内には800万戸を超える空き家が存在する」と紹介。さらに、野村総合研究所の予測を引用し、2033年には空き家が2146万戸まで空き家が増加する見込みだと伝えた。

 続けて、日本は「今後20年もしないうちに全国の3分の1の家屋に誰も住んでいない状況となる可能・・・・

続きを読む