台湾で、1980年代から90年代にかけて参謀総長、国防部部長、行政院長(首相)などを務めたハオ柏村氏(1919年生まれ)が、抗日戦にかんする中国共産党の姿勢への批判を強めている。中国メディアの環球網は、ハオ元首相らが抗日戦争勝利70年を祝賀する大規模な式典に出席しないことを理由に「臆病者」と非難した。(「ハオ」は「赤」におおざと)

 英BBCは7月2日付で、ハオ元首相へのインタビュー記事・・・・

続きを読む