中国メディアの今日頭条は25日、集団的自衛権の行使にかかわる問題から分かるとおり、日本は憲法を改正し、理論上は戦争を発動する権利を獲得しようとしていると主張し、日本と中国の軍事力を比較したうえで「中国のほうが圧倒的に有利だ」と論じた。

 記事は、日本が憲法を改正してしまえば、現行の憲法に規定されている「戦争を放棄する」という条項が失われることになり、日本は戦争への扉を開くことができるよう・・・・

続きを読む