中国の軍事情報サイト「戦略網」は17日、中国が開発中の空対空ミサイル「PL-10(霹靂-10)」は、米軍の「サイドワインダー」でも最新式の「AIM-9X」と優劣をつけがたい性能を持ち、中国軍戦闘機は米「F-22」との戦いにおける劣勢をはねのけると主張する記事を発表した。

 記事によると、「PL-10」は、目標とデコイ(おとり)の識別が可能だ。操縦士はヘッドマウントディスプレイシステムを装・・・・

続きを読む