台湾の文化情報サイト「文学城」はこのほど、「文革の10年間、蒋介石は台湾で何をしていたか?」と題する記事を掲載した。同記事は「中華文芸の復興に努めた」結果として、台湾の文化の基礎レベルは大陸人より普遍的に高いと主張した。

 記事はまず、1966年に中国が文化大革命を始め、「破四旧」などとして伝統文化の破壊を進めていた時、蒋介石は「中華文化復興運動」を始めたと指摘。

 ・・・・

続きを読む