韓国メディアの韓国経済は10日、韓国を訪れる国賓クラスの「大物達(現職の海外国賓や首相など)」の足が韓国から遠のいているが、日本と中国へは続々と訪問し、「韓国だけは無視されている」という記事を掲載した。

 10日、韓国経済新聞は、朴槿恵政権発足後の2年4ケ月間で現職の海外の国賓級の大物らの訪韓状況を調査した結果、訪韓したのは52回であったのに対し、同期間の日本では訪日した大物達は74回で・・・・

続きを読む