韓国メディアの韓国日報は11日、「危機のロッテ」と表現しながら、韓国の小商工人連合会が「不買運動の狼煙をあげた」としたほか、韓国の市民団体からは財閥改革の声が高まっているという記事を掲載した。

 記事によれば、韓国国内における「反ロッテ感情」は、大規模な不買運動にまで広がっているとし、700万人の会員がいる小商工人連合会は11日、記者会見の席で、「地域商工人団体と一緒にロッテカード加盟店・・・・

続きを読む