中国メディアの中国新聞社は4日、シンガポールの聯合早報の報道を引用し、中国人の日本に対する認識には多くの誤解が存在すると主張する記事を掲載した。

 記事は、まず1つ目の誤解として、「日本を“小日本”と認識していること」を挙げ、今なお日本に対して強い警戒心を抱く中国人は、日本を「小日本」と呼ぶことが一般的だと伝えた。さらに、中国語では「小」という言葉には軽蔑の意味が含まれ、小日本という言葉・・・・

続きを読む