中国メディアの広州日報は13日、オーストラリアの不動産を購入する中国人投資家が増える一方で、中国人投資家が過去2年間で購入した約4000戸の大半が「放置」されており、ゴースタウン化を招きかねない状況と報じた。

 記事は、オーストラリアの大都市では不動産市場が好調であることを伝え、国外からの投資も多いと紹介する一方、中国人は不動産を購入しても「たまに見に来る程度で、多くの不動産が空き家状態・・・・

続きを読む