中国メディアの温州都市報などによると、浙江省温州市の同市人民病院で最近になり、30歳の女性銀行員が性病に感染していると確認されたが、医師によると日常業務で人民元札を数えており、トイレに行く前に手を洗わなかったので感染したと思われる。同病院では過去にも同様の例があったという。

 女性は30歳で、恋人がいた。恋人から感染したのではないかと疑った。恋人も同病院で診察を受けたが、感染していなかった。医師は女性から生活行動を詳細に尋ねた。女性は業務で紙幣を数えており、トイレに行く前に手を洗う習慣がなかったと分かった。そのため医師は、手に付着した病原体により感染したと思われると判断した。性病の種類は明らかにされていない。

 同病院では過去にも同様の実例があった。20歳の女性銀行員で、男性と交際したことはなく、経験もなかったという。同様に、紙幣を扱った後に手を洗っていなかったという。

 典型的な性病のひとつである梅毒の場合、梅毒スピロヘータは生体外では1-2時間で死滅するとされる。逆に言えば、それまでは感染する可能性が否定できないという。手に付いた場合に有効なのはやはり手洗いとされる。

 温州都市報によると、比較的新しい1元札を調べたところ、赤痢菌、大腸菌、ブドウ球菌、B型肝炎ウイルス、淋菌などが1枚あたり平均で120万存在したとの調べがある。紙幣を数えた場合、作業1時間で手についている病原菌が300万以上になった。

 さらに、紙幣を数える仕事をしている人の肝炎感染率はその他の人の6倍程度で、紙幣を直接扱う仕事を続ける期間が長くなるにともない感染率が上昇するという。上記以外にも、紙幣を扱って性病に感染したとみられる人がいるという。

**********

◆解説◆
 手洗いは、さまざまな病原体に対する感染症予防に有効とされている。インフルエンザの場合には石鹸を使い流水で15-30秒程度の時間をかけて洗えば、感染率を大幅に減少できるとされる。

 東京都福祉保健局は食品取扱者に対して、指先、指の間、手首、ひじまでを約30秒をかけて洗い、20秒をかけて水で洗い流すことを推奨。かなり長く感じるので「ハッピーバースデーの歌2回」あるいは、自分の好きな歌を歌うことで、手洗いの時間を確実にすることができると提案している。(編集担当:如月隼人)