中国のポータルサイト「新浪網」は19日「中国は『Su-35』の購入で無駄金を使いたくない。ロシアがエンジン問題で譲歩する可能性も」と題する記事を掲載した。中国がSu-35購入で機数を極めて少なく抑えようとしており、ロシアが「コピー用に用いられるだけ」と難色を示し、交渉が難航しているという。

 中国はこれまでしばしば、ロシア製兵器を導入し、ロシア側の了解を得ずにコピーや改良を行った。特に問題になったのは「Su-27」戦闘機で、当初はライセンス契約にもとづき「J-10A(殲-10A)」として生産していたが、「J-10B」、「J-10C」など、次々に“改良型”を登場させた。

 日本の読者が大いに違和感を感じる点は、上記記事がロシア製兵器の無許可のコピーや改良を問題視していないことだろう。同じくロシア製の戦闘機を導入しているインドと比較して「インドは単純に生産ラインを自国内に移すだけだ。それに対して中国は不断にSu-27シリーズの潜在力を掘りだし、重要な成果を得た」とむしろ誇らしげに紹介した。

 中国がSu-35の輸入を求めている理由は「エンジン」と紹介。中国は優秀な戦闘機を次々に生み出しているが「エンジン分野では、世界の先進国と大きな差がある」と論じ、自国が開発したエンジンの「WS-10G(渦扇-10G)」やロシアから輸入している「Al-31」も、新たに開発した「J-20」にとっては推力が明らかに不足と説明した。

 Su-35は、中国がまだ入手していないエンジンの「117S(Al-41FIS)」を搭載している。ロシアはこれまでに、117Sエンジン単体の輸出はしない考えを明らかにしている。中国がSu-35を欲しているのは、機体全体でなく「サンプルとしての117Sエンジン」という。

 そのため中国はSu-35の購入機数を「4機」と主張。ロシア側は「最低でも48機」と主張していた。スホーイ社はその後、販売機数を「24機でもよい」と表明。交渉を2015年内にまとめたいとの意向も示した。

 記事は「中国側は無駄金を使いたくなかった」、「ロシアは明らかに譲歩した」として、Su-35の売買契約が年内にまとまるのは、双方による更にはっきりとした妥協が行われた場合」と主張した。(編集担当:如月隼人)(イメージ写真提供:(C) Igor Dolgov /123RF.COM)