中国のポータルサイト「新浪網」は19日「中国は『Su-35』の購入で無駄金を使いたくない。ロシアがエンジン問題で譲歩する可能性も」と題する記事を掲載した。中国がSu-35購入で機数を極めて少なく抑えようとしており、ロシアが「コピー用に用いられるだけ」と難色を示し、交渉が難航しているという。

 中国はこれまでしばしば、ロシア製兵器を導入し、ロシア側の了解を得ずにコピーや改良を行った。特に問題になったのは「Su-27」戦闘機で、当初はライセンス契約にもとづき「J-10A(殲-10A)」として生産していたが、「J-10B」、「J-10C」など、次々に“改良型”を登場させた。
<・・・・

続きを読む