FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015のグループステージ第1節グループCは9日、佐々木則夫監督率いるサッカー日本女子代表(なでしこジャパン)はスイス代表と試合を行った。なでしこは、相手GKにMF安藤梢が倒されてペナルティーキック(PK)で得て、キャプテンのMF宮間あやが決めた1点を守りきり、勝ち点3を得た。中国メディアの捜狐は10日、「日本はこのままでは米国には勝てない」と報じた。

・・・・

続きを読む