中国メディアの新華社は9日、FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015が開幕したことを伝え、グループステージ第1節グループCでスイス代表と対戦したサッカー日本女子代表(なでしこジャパン)は「試合を優位に進められなかったが、ペナルティーキック(PK)で挙げた1点を守りきり、辛勝した」と報じた。

 記事は、なでしこジャパンとスイス代表が対戦したのは今回が初めてだと伝え、試合前になでしこジャパ・・・・

続きを読む