中国メディアの観察者は30日、国際サッカー連盟(FIFA)幹部の汚職問題が浮上したことについて、イタリア紙の「コリエレ・デッロ・スポルト」がこのほど、2002年に開催された日韓ワールドカップ(W杯)について「審判のジャッジに問題があったことは間違いない」、「ミスジャッジによる最大の受益者は韓国だ」などと報じたことを伝えた。

 記事は、「日韓W杯では複数のジャッジが物議を呼んだことを覚えて・・・・

続きを読む