中国メディアの中国日報網は19日、中国では消費者が自動車を購入する際、同じ価格帯でも数十種類の車種が存在するため選択肢の多さに悩むことになると伝える一方、韓国では「このような悩みはない」と主張、韓国では消費者の多くが現代自動車や起亜自動車などの国産車を所有していると伝え、その理由について考察した。

 記事は、韓国を訪れた中国人旅行客が目にするのは路上を走る現代自動車や起亜自動車の多さだと伝え、中国人はその理由について「韓国人は愛国心が強いため」と考えがちとする一方、実際は「愛国心が理由ではない」と論じた。

 続けて、中国在住の韓国人に対して、「韓国人はなぜ国産車を好むのか」と尋ねたことを紹介し、韓国人の1人が消費者として「価格、ブランド、中古車としての残存価値、デザインとアフターサービス」といった要素を考慮すると答えたと紹介。さらに、同韓国人が愛国心は自動車選びに影響を与える要素ではないと述べたと驚きを示した。

 さらに記事は、韓国人が国産車を購入する背景には「輸入車がディーラーを通じて販売されており、国産車はメーカー直営の販売店で販売されていること」があると伝え、韓国の国産車は価格、サービスともに輸入車より高い競争力を確保できていると指摘。中国では4S店と呼ばれるディーラーが販売からメンテナンスまでを手がけることが一般的であるとし、「韓国のように国土の狭い国であればメーカーが直営店を経営したほうが効率的」と論じた。

 さらに、メーカーが直営店を経営することによって、ディーラーよりも周到なアフターサービスを提供できると伝え、それによってオーナーのブランド・ロイヤルティを高めていると指摘。満足度の高さを背景に、オーナーは自家用車の買い替えの際も同じメーカーの車を選択することになると伝え、「これも中国とは非常に大きく違う点であり、中国メーカーも学ぶべき点である」と論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C) Netsuthep Summat/123RF.COM)