中国のポータルサイト「新浪網」は18日付で、「中国空軍はいかにして、日本の「F-35」に対応するか。「J-20」はすでに、日本にとって脅威」と題する論説を掲載した。自国が開発中のJ-20の方が優秀であり、大量配備により「質・量」ともに航空自衛隊の戦闘力を圧倒すると主張した。

 記事は、F-35について、亜音速域における運動性と航続距離を重視していると分析。安定した旋回能力は大出力のエンジ・・・・

続きを読む