大地震で甚大な被害を受けたネパールを支援しようと、現地を訪れた韓国のNGO団体が、宣教活動を行っていたことが分かった。現地メディアの報道により明らかになったもので、同団体は謝罪文を発表したが国内外からは批判の声が上がっている。複数の韓国メディアが報じた。

 問題になっているのは、韓国のNGO団体「グッドピープル」のネパール緊急救護医療チーム。5月9日から11日まで現地の病院で緊急医療支援活動を行ったが、この際に地元住民に対して宣教活動を行っていた。

 現地メディアのonline khabar.comは9日の記事で、「救護活動を行うため韓国から来た『グッドピープル』という団体が、ネパールの被災者にビタミン剤の代わりに聖書を渡している。彼らは『今回の地震はヒンズー教を信じるから起きたもので、イエスを信じなければならない』と話したという」と報じた。

 この記事のコメント欄には「やつらは本当のキリスト教徒じゃない。間違った事を宣教している」、「なぜ辛い時に宗教を強要するんだ。偽の支援は必要ない。彼らの助けは嫌だ」などと非難の声が多く寄せられた。

 騒動を受けて、グッドピープルは13日、公式サイトに公式見解を掲載。宣教活動は「一部の医療スタッフによる個人的な突発的行為」とし釈明しながらも、グッドピープルの救護活動現場で発生した事案だとして謝罪した。

 だが、批判の声は収まらず、波紋は韓国の国内外へと広まっている。韓国メディアは「日本の嫌韓サイトまで波紋、国際的な恥さらし」との見出しで、日本のネットユーザーの反応を紹介。日本の複数のサイトがグッドピープルの騒動を取り上げ、「極端なキリスト教徒しかいない韓国」「世界のどこに行っても恨まれるのは理由がある」などと韓国を批判するコメントが集まっていることを伝えた。

 なお、グッドピープルは、韓国の宗教団体「純福音教会」の牧師、チョ・ヨンギ氏が総裁を務める。チョ氏は2011年に東日本大震災が起きた後、メディアとのインタビューで「日本の大地震は神様を遠ざけたことに対する神様の警告」と発言し、物議をかもしている。(編集担当:新川悠)(イメージ写真提供:(C)Kampee Patisena/123RF.COM)