中国メディア・解放網は4月29日、青少年の自殺者が増えている韓国で、2013年には自殺が青少年の死亡原因のトップになったことが韓国政府の報告によって明らかになったと報じた。

 記事は、韓国統計局が28日に発表した報告で、13年における同国の9-24歳の自殺率が10万人中7.8人だったと紹介。同国では1990年代より自殺率が高まりはじめ、98年にピークを記録。その後若干下がったが、2000・・・・

続きを読む