中国の大手ポータルサイト「新浪網」は13日、中国で開発中の第5世代ステルス戦闘機「J-20(殲-20)」が2017年に配備されるとの見方を紹介した。中国ではJ-20が米空母を「撃破」する能力を持つとの見方も広まっているが、「新浪網」は「まだ分からない」との考えを紹介した。

 J-20を開発しているのは中国航空工業集団公司で、同機は2011年1月11日に初飛行を行ったと発表された。J-20・・・・

続きを読む