中華民国軍人で、日中戦争時には日本軍との会戦にしばしば勝利したことで知られる白崇禧大将(1893-1966年)の息子で、作家として活躍する白先勇氏が10日、台北市内で講演し、日中戦争について中国共産党の説明は現在でも虚偽の部分が残ると指摘した。白氏は「日本人も納得しないだろう」と述べた。台湾・中央社などが報じた。

 白大将は、蒋介石総統と政治面では対立したが、反共や対日総力戦では意見が一・・・・

続きを読む