中国国営・中国新聞社は9日、ひとりの技術者の回想録を掲載した。余暁中さん。若い時に文化大革命で運命を翻弄されたが、教育活動再開後に西北航空大学に入学。航空機開発の技術者になった。全天候型戦闘機「J-10(殲-10)」の開発も手掛けた。ところが空軍部隊配備後に、同機は「雨漏り」を起こすことが分かった。余さんは全力で取り組み、問題を解決した。記事は「仕事に熱心に取り組んだ」と称賛した。読者は「これって、お笑い記・・・・

続きを読む