中国の大手ポータルサイトの網易が運営する書籍通販サイト「網易雲閲読」は29日、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)の公式アカウントで「罵り言葉のどこがいったい汚いのか」と題する文章を発表した。中国語では性に関連する罵り言葉が多い。同文章は、日本文化には同様の罵り言葉が存在しないと指摘した。

 中国語で最もよく用いられる罵り言葉が「ツァオ・ニー・マー」との言い方だ。「ツァオ」は性行為を指す・・・・

続きを読む