日本国政府がステルス戦闘機「F-3」の開発を進める方針を固めたことで、中国でも同機に対する関心が高まっている。人民日報系メディアの環球網は26日付で、「(日本の)一部の技術は米国の先を行く」と評する記事を発表した。ただし同記事は、エンジン開発では日本国内にある見方以上に難航するのではないかと論じた。

 F-3に搭載するエンジンは推力15トン級で、IHIと防衛省技術研究本部が2018年度の・・・・

続きを読む