中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で4000人のフォロワーを持つネットユーザーが愛国心にかんするつぶやきを発信したところ、約2500人のユーザーがリツイートするほどの大きな反響を呼んだ。

 微博のアカウント名・烏鴉丫鴨圧さんは17日、「私は中国人で、日本に中国を侵略された恥辱を忘れないし、日本に媚びへつらったりもしない。でも同時に、日本の漫画やドラマも好きだし、好きな日本のスターもいる。それらが日本のものだから好きなのではなく、それらから伝わってくる感情や精神が好きなのだ。多くのもの同様、文化は国籍を分かつことはない。盲目的な排外は悲しいことだ」とツイートした。

 このツイートが大きな反応を呼び、公開から1日足らずで約2500人がリツイートし、多くのユーザーがコメントを残した。寄せられたコメントは「そのとおりだ」、「文化は世界のものであり、排外は恥ずべき行為だ」、「外国に媚びるのは誤りだが、進歩を求めないのも間違いだ」、「本当に(このツイートを)一部の人たちに見せたい」など、ツイート主に共感するものが多くを占めた。

 さらに、「盲目的に好きになるというのも非常に悲しいことだな」という感想を残すユーザーや、「個人の趣味を国家レベルに持っていかないでほしい」という意見もあった。

 政治的に日本が嫌いだからといって、好きな日本アニメをあきらめてしまうのは非常に残念な話だ。個人の趣味はあくまでも個人の趣味として、堂々と意思表示ができ、なおかつみんながそれを尊重する社会こそ「和諧社会」と言えるのではないだろうか。もちろんそれは、日本でも韓国でも同じことだ。(編集担当:近間由保)(イメージ写真提供:(C)Sean Pavone/123RF.COM)